仏前結婚式

ご供養

  • 仏前結婚式
  • 縁結びの寺のとしての深大寺
  • 申込方法
  • 東日本大震災について

深大寺における仏前結婚式

深大寺の厳かな雰囲気の中で和装の式を執り行います。
ご尊像をまつる本堂又は元三大師堂にてお二人の御福をご祈願をさせて頂く仏前結婚式となります。
深大寺の仏前挙式においては、宗教・宗派は問わず式を挙げることができます。また、ご両親やご親族様だけではなく、ご友人なども参列していただけます。

縁結びの寺

深大寺の名は、深沙大王という水神に由来しています。
この深沙大王とは本来、疫病を除き悪事を遠ざける力を持つ神と伝えられています。

時はさかのぼり聖武天皇の時代、深大寺を開いた満功上人の父親である福満と豪族の美しい娘が激しい恋に落ちたことからはじまります。
ところが将来を案じた娘の両親により二人の仲は引き裂かれ、さらに娘は、湖の小島に建てた小屋に閉じ込められてしまいました。
困り果てた福満は、深沙大王の加護を祈り、もし願いが叶えられるのであれば、将来、島頭に一社を建て、鎮守として祀ろうと誓います。
するとたちまち湖に大亀が現れ、福満を島に連れていきます。
それを知った娘の両親は二人の仲を許し、やがて二人に満功という男子が誕生します。
福満は、かつて深沙大王に誓った約束を息子の満功に託し、その後、満功は勉学を重ね、天平5年(733年)に深大寺を開きます。

このような深大寺縁起にまつわる恋物語りから縁結びのご利益があるとして親しまれています。

ページのトップヘ戻る

お申込み

挙式全般に関するお問い合わせ
深大寺 寺務所
TEL : 042-486-5511(対応可能時間 : 9:00~16:00)
FAX : 042-483-6969

ページのトップヘ戻る