白鳳仏国宝指定記念講演会【全7回】

更新日: 2017年7月21日

深大寺白鳳仏の国宝指定を記念し、美術史や深大寺に関わる専門家の先生をお招きしシリーズで講演会を開催します。ふるってご参加ください。(参加費は無料。お申し込みが必要です)


平成295月 奉迎式のようす

第1回 深大寺の白鳳仏 終了しました
講師:東京藝術大学名誉教授 水野 敬三郎 先生
日時:6月18日(日)午後3時~4時30分
会場:深大寺本堂
〇講演趣旨〇
7世紀後半、いわゆる白鳳仏は、東アジアの揺れ動く国際環境を反映して多様な展開を見せました。伝来が謎に包まれた深大寺の像は、その中でどのような位置を占めるのか、ことに香薬師や夢違観音との比較で考えます。

第2回 深大寺釈迦如来像の源流 まだ受付を開始しておりません(受付8月6日~8月14)
講師:駒澤大学教授 村松 哲文 先生
日時:8月26日(土)午後3時~4時30分
会場:深大寺客殿
〇講演趣旨〇
深大寺の国宝・釈迦如来像の特徴である倚坐(椅子に座った姿)、童子形(子供のような表情)という2つのキーワードを手掛かりに、その源流について考えます。特に中国南北朝期の仏像、朝鮮三国時代の仏像と照らし合わせながら、深大寺・国宝仏の魅力に迫りたいと思います。

第3回 国宝・深大寺釈迦如来像と白鳳仏のほほえみ
まだ受付を開始しておりません(受付8月21日~8月29日)
講師:興福寺国宝館館長・日本大学芸術学部客員教授・元東京国立博物館副館長
金子 啓明 先生
日時:9月9日(土)午後3時~4時30分
会場:深大寺本堂
〇講演趣旨〇
この度、深大寺釈迦如来像が国宝に指定されました。関東でもっとも古く、また損傷がきわめて少ない白鳳仏の名品です。釈迦如来像は少年像でやさしい微笑みを称えています。とてもよく似た作風の法隆寺夢違観音像、新薬師寺香薬師如来像(盗難にあい、現在所在不明)はごく近い環境のもとで制作されました。白鳳時代にはこうした少年像や愛らしいこどもの像などがたくさん作られましたが、その意味について考えてみたいと思います。

第4回 国宝釈迦如来像の魅力―仏像の役わりと仏像ブーム―
まだ受付を開始しておりません(受付9月21日~28日)
講師:大正大学教授 副島 弘道 先生
日時:10月7日(土)午後3時~4時30分
会場:深大寺本堂
〇講演趣旨〇
インド以来、仏像にとって見た目の魅力はとても大切なものでした。この姿の美しさとともに、加工しにくい金属でつくられていることも釈迦如来像のもう一つの大きな魅力です。国宝釈迦如来像の姿とつくり方をとおして、仏像の役わりと今日の仏像ブームを考えてみましょう。

第5回 彫刻史研究の動向と国宝・重要文化財指定
まだ受付を開始しておりません(受付10月6日~10月16日)
講師:文化庁主任調査官 奥 健夫 先生
日時:11月4日(土)午後3時~4時30分
会場:深大寺客殿

第6回 香薬師像の右手―行方不明の白鳳仏 右手発見までの取材秘話―
まだ受付を開始しておりません(受付11月21日~11月29日)
講師:ノンフィクションライター 貴田 正子 先生
会場:深大寺本堂
日時:12月10日(日)午後3時~4時30分
〇講演趣旨〇
明治から昭和にかけて3度も盗まれ、いまなお行方不明となっている奈良・新薬師寺の白鳳仏「香薬師如来立像」(旧国宝)。この像の行方を追う取材を20年以上続ける中、一昨年、像と切り離されていた右手を見つけ出し、新薬師寺へ返還しました。「釈迦如来倚像」との不思議な縁や長年の取材と香薬師像の右手返還までの秘話をお話します。

第7回 まだ受付を開始しておりません(受付月日~月日)
講師:九州大学名誉教授・大正大学名誉教授 川勝 守 先生
会場:深大寺本堂
日時:調整中

〇定員 100人(お申込み多数の場合は抽選となります)     〇費用 無料
〇申し込み方法は受付を開始しましたら、
往復はがき(1人1枚)に、講演会名・郵便番号・住所・氏名・電話番号を明記し
〒182-0026 調布市小島町3-26-2 調布市郷土博物館
に郵送してください。 問い合わせ:042-481-7656(調布市郷土博物館)

※平成29年6月1日(木)より往復はがきの料金が104円から124円に改訂されましたのでご注意ください

 

 

 

 

第8回深大寺こども薪能参加者募集

更新日: 2017年6月26日

平成29年6月30日更新
今年は参加定員25名で募集しておりましたが、定員人数に達しましたので参加募集を打ち切らせて頂きます。

本文
能は今から650年ほど前に作られた昔むかしの演劇です。

金閣寺建立や一休さんとのエピソードで知られる室町時代の将軍『足利義満』は
華やかで美しい事が好きでした。
その義満が特別に愛したお芝居が『能』です。
当時の美しい言葉を歌にした『謡(うたい)』に華麗で優雅な『舞』を合わせ
幻想的な物語を演じる能は途絶える事なく今も人々に愛され続けています。

深大寺こども薪能では『能』を約1週間の稽古で集中的に学びます。
扇を手に謡や舞はもとより、ご挨拶や礼儀作法にまで及ぶ稽古により本格的な能を体験します。
最終日にはその成果を深大寺本堂で凛々しい袴姿で発表します。
夏の思い出に深大寺で伝統文化の体験学習はいかがでしょうか。

稽古日:8/21(初日)・22・23・24・25・26・27(発表会)
時 間:13:00~17:00(この時間の中から稽古時間を順番に決めます)
発表会:8/27(日) 14:00開場 14:30開演
場 所:深大寺
講 師:観世流能楽師・重要無形文化財総合指定保持者 山中迓晶(ヤマナカ ガショウ)
対 象:4歳~15歳(保護者同伴)
締 切:平成29年8月20日 16:00までに深大寺にお申し込みください
定 員:25名  ※定員に達した時点で締め切らせて頂きます
費 用:5000円(稽古初日にお支払いください)
申し込み方法
・申込用紙は深大寺で配布してます
・申込方法は深大寺まで直接お申し込みください ※電話でもお受けします

興味のある方・初めて参加される方・ご質問は深大寺までお問い合わせください
その他:8/21(初日)は伝達事項や稽古順番の取り決めがあるので保護者は出席してください

深大寺こども薪能実行委員会
042-486-5511(担当:深大寺内 小林)・FAX042-483-6969
協賛:深大寺 後援:調布市教育委員会

 

第6回 深大寺俳句会 要項

更新日: 2017年4月19日

季題
深大寺、及び深大寺周辺、夏季句に限る

応募規定
未発表句・一人三句まで(必ず原稿用紙を使用のこと)
氏名(ふりがな)、郵便番号、住所、電話番号を明記のこと

参加費
壱千円

応募先
〒182-0017 調布市深大寺元町5-15-1 深大寺内 深大寺俳句係
電話 042-486-5511

応募方法
郵便小為替同封で送付 あるいは 深大寺 寺務所に持参

締切
平成29年8月7日(月)必着

選者講師
黒田杏子氏(「藍生」主宰)
鈴木しげを氏(「鶴」主宰)
德田千鶴子氏(「馬酔木」主宰)
坊城俊樹氏(「花鳥」主宰) 四氏の予定

俳句会・選評俳句
平成29年10月4日(水)
午後2時~4時(受付開始1時30分)
投句者のみ全員参加可能
会場 深大寺本堂

問合せ先
深大寺俳句会編集事務局(亀井孝始)
〒156-0043 世田谷区松原1-53-5-904
電話・FAX 03-6316-8603
※当会に関するお問い合わせは、全てこちらにお願いします

主催
深 大 寺

 

 

年間行事予定

更新日: 2017年3月31日

護摩祈願法要 於:元三大師堂
平日:11:00 14:00 土日祝:11:00 13:00 14:00

読誦会(お経を読む会) 於:元三大師堂
10:00 於:元三大師堂(読誦会はどなた様でも参加いただけます)

※護摩祈願・読誦会は行事により変更されることがございます

月例行事
3日
9:00 元三大師御影供法要 於:元三大師堂
14:00 元三大師縁日法要 於:元三大師堂

15日
9:00   開山忌 於:開山堂

17日
9:00 深沙大王供 於:深沙堂

18日
13:00 延命観音供 於:延命観音堂

28日
15:00 不動供 於:不動堂

年間行事
1月1~7日
初詣・修正会

2月3日
節分会

3月3・4日
元三大師大祭・だるま市

3月17~23日
春彼岸会法要 於:本堂
※期間中は10時より彼岸法要を執り行います。どなた様でもご先祖様の供養を承ります。

4月6日
14:00 調布仏教会花まつり 於:境内本堂前

4月8日
花まつり(お釈迦様の誕生会) 於:境内本堂前
甘茶接待

4月28日
13:30 なんじゃもんじゃコンサート 於:境内

5月3日
10:30 童子祭練行列 於:境内参道
11:00 元三大師御影供 於:元三大師堂 ※通常祈願も受け付けます

7・8月
盆行事

9月20~26日
秋彼岸会法要 於:本堂
※期間中は10時より彼岸法要を執り行います。どなた様でもご先祖様の供養を承ります。

10月
大般若転読会

11月
そばまつり